あなたを守る!信頼できる監視カメラ業者をご紹介

ホーム > 監視カメラの豆知識 > 監視カメラの力を持って自衛に利用する

監視カメラの力を持って自衛に利用する

治安の悪化により、人の監視だけでは対応できなくなってしまっています。人の目がない時間帯であっても、監視することができるように、監視カメラが導入されてきています。しかし、この監視体制には、デメリットもあります。それは、人のプライベートまで切り取ってしまうことです。犯罪に直結するわけではなくても、人に知られたくない秘密を持っている場合があります。それを切り取って残してしまうことになり、この監視体制を反対する人も少なくありません。そことの折り合いをつけずに一方的に突き進めていくことは、後々の遺恨となってしまいます。まずは、話し合いをする場を儲けて、犯罪を抑止する効果があることを伝え、犯罪性がない場合ではそのプライベートを勝手に持ち出さないことを約束しなくてはいけません。

また、監視体制があると、それだけで満足してしまってもいけません。監視カメラには、死角となる部分があり、そこに写らないように行動することもできます。人が忘れてしまった古い道や普段使用しない非常口なども、人の目がなければ、安全を確保することはできません。監視カメラを導入した後にも、人が定期的に訪れて、監視をする必要があります。常に人が立っていられない場所に、監視カメラは役目を果たすことになります。その辺りのことをきちんと把握しておかないと、監視カメラを設置しただけで終わってしまいます。その場所が、現在どんな状態であるのかを確認することもなく、放置されてしまいます。放置されたことによって、犯罪の苗床にされてしまいます。それを防ぐのか人の目であり、関係性でもあります。

監視カメラをつけることで、多くの場所を見張ることができるようになります。高性能のカメラであれば、カメラを持っていることを相手に気づかれないままで、録画することもできます。しかし、それでは、余計に疑心暗鬼を呼び覚ましてしまいます。人と人の関係性が、昔のように強くなれば、犯罪の苗床を駆逐することができます。夜遅くなると、あの道は暗くなるので、街灯をつけるように呼び掛けるのも、人と人の関係性が生み出すことでもあります。監視カメラは、あくまでそれらを補填する物であることを忘れてはいけません。上手に、両方の利点を活かしていくことで、住みやすい環境ができていきます。また、大きな事件や事故が起きた際には、監視カメラの映像が犯人や真実を、裏付けることに繋がっていくかもしれません。

ページトップへ